採用支援の方法にはどんなものがあるか

企業が経営活動を行う上で、優秀な人材を集めることは生命線であり、とても重要なことです。同時に人件費は企業の経営を圧迫する要因にもなることから、いかに効率よく人材を確保し、育成していくかが人事・採用部門の大きな課題となっています。そこで、企業においては様々な手法を持って採用支援を導入していますが、ひとつは数年先を見据えた採用計画や育成計画を見直し、社員の年齢構成を正常化し、レベルの向上を目指す方法があります。もうひとつは、採用事務をシステム化し、さらには社員の営業実績などと連携させた人事管理システムへと発展させ、採用から入社後の実績までをトータルとして考え、採用基準の見直しや育成方針の構築に活用するといたものです。どちらの方法も目的は、企業に利益をもたらす社員の確保であり、安定的な収益構造の確立を目的としたものです。

採用方針や人材育成の策定に特化した採用支援の方法

各企業においては、数年先を見据えた採用計画を策定し、これに沿った採用を行っていますが、長引く不況の中で新卒者の採用を抑えてきたことや、慢性的な要員不足に端を発した、パワハラや不当な長時間労働による離職率の増加により、もっとも戦力となる20歳代後半から40歳代までの正社員が極端に少ない子年齢構造となっている企業も少なくありません。こうした課題を克服するには、採用担当では大胆な改善が難しいといった事情もあり、専門のコンサル会社にノウハウの提供を依頼する企業が増えています。コンサルタントは、これまでの膨大なデータや現状を詳細に分析し、その企業に一番適した採用方針を提案します。さらに、採用基準や研修計画など、人材育成についても様々なノウハウを提供しますので、採用から育成まで一貫した方針の基、優秀な人材を育て上げることができるのです。

採用事務のシステム化に特化した採用支援の方法

採用管理については、採用部門と選考部門が分かれている企業が多く、これまではそれぞれがデータベースを構築し管理していたことから、社内で情報を共有することができませんでした。そのため、応募してから採用通知が届くまでの期間が長くなり、内定通知を出した時には、すでに他の会社に就職が決まっていたという事も少なくありませんでした。社内のクラウド上にデータベースを構築することで、部署間におけるデータの引き継ぎなど面倒な事務は省略され、選考状況なども一括管理できるようになったことから、採用や選考に係る労働力を大幅に削減することが可能となりました。さらに、社内の人事管理システムと連携させることにより、入社後の実績と照らし合わせ、「採用基準が適切だったのか」「面接担当者のスキルに問題はなかったのか」といった、採用基準について分析し必要な見直しを行うようになったことから、より効果的に優秀な人材を確保することを可能としたのです。