採用支援システムとはどんなものか

採用支援システムは、採用の現場で発生する様々な問題を解決するために採用されるシステムです。ある程度大きな企業となると採用活動に関する取り組みも重要な業務となるため、そのウェートを占める割合も増えていきます。そのためシステム化することで効率よく、ターゲットを絞った業務に適した人材を獲得できることが可能となる魅力があります。管理の仕方には、従来型の方法だとデータも少なく、応募者とのやりとりもうまく行かないケースも多いです。また応募者を募る方法も固定化されてしまい、ノウハウがないため大量採用もできない場合もあります。もちろん優秀な人材に内定を出しても辞退されるといったことも起きやすく、魅力がない会社になります。こうした採用現場で発生する課題を解決するため、システム化が望まれます。採用から人材登用までの過程をシンプルにして計画を立てやすくなります。

システム化で必須となる一元管理の必要性

採用支援では一番大切なことは、採用担当者がシンプルに活用できて解りやすく使いこなすことができることです。例えば一台のPCだけで管理したいニーズがありますが、それだと社内イントラネットを構築しなくてはならず、そういったネットワークを構築するのはコストや期間の面でも難しいです。また大手企業だと全国に営業拠点を持っているケースもあり、そうした営業拠点のニーズに採用活動で反映することも難しくなります。二重や三重管理になることも珍しくなく、その分のコストや期間までがかかってしまう可能性も存在します。そこでネット上のクラウド型のツールを用いれば、一元管理をしやすく、しかも全国どこの拠点でもアクセスすることでデータの共有化や情報の共有化が図れます。こうした一元管理における共有化が図れれば採用に対する戦略を練ることに繋げることもできます。

採用だけでない機能を併せ持ち企業の人事管理に活用できる

大手の企業は従業員の人事管理を必要とすることも多いです。例えばいつ入社したかや入社動機、社内での実績、資格取得など従業員の様々なデータを管理する必要性に迫られることもあります。採用支援では採用に関するノウハウの支援ばかりでなく、入社後の人事管理や教育の面でシステム化できるメリットがあります。企業が人を育てる発想があれば、その個人に合った形で育成チャレンジを受けさせたり、幹部候補としての養成を採用段階から行うことができる活用方法もあります。キャリアを積ませる上でも、採用後直ぐに企業の重要な職責を任せられる人材になれるよう教育にも力を入れることも可能です。採用のハードルも低くでき、人材育成から開発面に力を注ぐことが可能で、無駄のない人材登用システムの構築にも優れています。