採用支援システムのメリットとは

採用支援システムが多くの企業で導入され、大きな成果を上げています。少子高齢化の影響で、労働人口の減少と高齢化が深刻になる中で、会社にとって有益な人材を確保することは、企業の存続を左右しかねない大きな課題です。そのため、企業は自社の採用部門の強化を図ろうとしましたが、自社内の一部署では大胆な改善を行うには限界があり、専門のコンサルと会社に委ねる企業が増えてきたのです。彼らの武器は、これまでコンサルをしてきた実績とそれに伴う膨大なデータですから、その企業に合致した効率的かつ的確なノウハウを提供することが可能であり、実際に実績にもつながっているのです。今後、さらに部外に委ねる企業は増えていくことが想定されますが、大切なのはそのノウハウを継続して実践できるかという事なのです。

採用方針及び採用基準に関するメリット

この手法を取り入れるメリットの一つに、自社の採用方針や育成体系を客観的に分析し、大胆な改善策を打ち出せることがあげられます。コンサル会社に依頼すると、社内に対する遠慮はありませんから、企業は厳しい指摘を受けることができます、兎角、企業は自社の不具合を認めたがらない体質から抜け切れませんから、こういった客観的な指摘は非常に大切なのです。また、コンサル会社はプロ集団ですから、現在の社員構成やスキル、採用基準の在り方など、様々な角度から自社の採用方針に潜在する問題点を洗い出し、効果的な改善策を提案してくれます。新たな発見が見つかることは当然として、骨太で長期的視野に基づいた採用方針や採用基準を構築できますので、将来展望が開けることが大きなメリットです。

採用支援におけるPDCAサイクルの実践がもたらすメリット

コンサル会社は、単に採用方針や採用基準を提案するだけでなく、それらの実践方法についてもしっかりとフォローをしていきます。そのためには、まず、採用に係るデータをシステム化することから始めていきます。具体的には、求人に対する応募者をデータベースに落とし込み、採用試験の結果、面接官の所見、合否、さらには入社後の実績に至るまでデータ化していきます。そして、このデータを目的に、採用試験の結果と入社後の実績がリンクし合っているか、面接官によって採用基準との乖離は生じていないか等、様々な角度から、雇用した人材が狙い通りの活躍ができているかを見極めていきます。その上で、改善点は即座に改善していきます。このPDCAサイクルを繰り返すことによって、企業の採用~人材育成は体系的に整備されていきますので、優秀な人材を数多く育成することが可能となり、採用支援の目的は達せられるのです。